記事

往復鋸刃タイプ?

レシプロソー 建設や細かい細工のために作られていません。解体–材料の分解に使用されます。それはまた、露出したブレードと精密な角度の切断のための異なる位置でこれらの狭い領域に入るように設計されています。プロジェクトと素材に応じて、レシプロソーで使用されるブレードにはいくつかのタイプがあります。



たとえば、弓のこに似た細い刃の刃を使用することは、金属パイプと釘を切断するためです。木材の切断には粗い刃が使用されます。石膏用の超粗刃;砥石用の「歯のない」ブレード–炭化タングステン砥粒で特別にコーティングされています。

最高の屋内グリル

相互のこぎりでそれを操作するときに処理できること、およびこののこぎりで達成できることについて、さらに詳しくなります。経験を積むと、特定のタスクを実行するブレードを選択する際の自信が高まります。



ブレードについて

特定のブレードの機能に応じて、1つのタイプのブレードを複数の異なるプロジェクトに実際に使用できることがわかります。たとえば、釘を切る刃を使用して帯状疱疹や合板を扱うことができます。ほとんどの相互鋸刃のサイズは、長さが3〜12インチですが、標準サイズは6インチです。

同様に利用可能なジグソータイプがあります。 12インチのブレードは、深い隙間に入り込んだり、より厚い木材を切断したりするのに役立ちます。彼らはタフですが、これらのブレードは破壊されません。むしろ、それらは使い捨てであり、それらが鈍くなっていて仕事を遅くしていることに気付いたら交換する必要があります。

歯:1インチあたりの歯の数(TPI)と、歯の間のスペースの深さである食道のサイズ、および切り口-ブレードによって作られたスリットと組み合わせて、すべてがブレードが切断できる材料を決定します。

  • TPIが低いブレードは、より高速な切断と粗いエッジを提供し、木材に最適です。
  • TPIの高いブレードは、金属に最適なスムーズでスローな切断を実現します。
  • TPIの数は3〜24の範囲です。
  • 引っ掛かりを減らすために、少なくとも3つの歯が常に材料と接触するようにしてください。

レシプロソーブレードには、長さ、幅、厚さの3つのファセットがあります。

  • 刃が長いほど、切り込みが深くなります。
  • 幅の広いブレードは、曲がりやぐらつきを減らします。
  • 頑丈なブレードの幅は通常7/8インチ、厚さは0.062インチです。
  • 厚さが0.035インチのブレードは、標準的な切断に十分な強度を提供します。
  • 厚さが0.05インチのブレードは、安定性を強化するためのものです。
  • プランジカットの作業には、背がテーパーのある短い刃が最適です。

特定の相互鋸刃のタイプとそれらが異なる材料でどのように機能するかについて少し知識があれば、どのブレードが自分のプロジェクトのニーズに最適であるかについて、情報に基づいた決定を下すことができます。素晴らしい切削体験をお届けします!