記事

丸鋸は何に使用されますか?

目次



前書き

サーキュラーソーは、材料をすばやく正確に切断するのに役立つパワーツールです。選択したタイプに応じて、コード付きまたはコードレスのいずれかになります。コード付きツールは、コードレスタイプよりも強力です。 最高のコードレス丸鋸 DIY愛好家に最適で、便利でポータブルな強力なツールです。



最高のレスピレーター

丸鋸を使ってストレートをカットする方法は?

コードレスまたはコード付き丸のこでまっすぐに切るには、次の手順に従うと簡単です。まず、カットの深さを設定する必要があります。これを行うには、ブレードが鋸の基部から突き出る長さを設定します。常に、良い面を下に向けて素材をカットしてください。このようにして、完成したときに滑らかな上面ができます。切削は、回転する歯から破片を作成する傾向があります。

のこぎりを素材の線に合わせます。カットの準備をするときは、素材と接触する前に、のこぎりをフルスピードにする必要があります。次に、丸のこをラインに沿ってスムーズに進めます。強く押しすぎないでください。ブレードを詰まらせる可能性があります。詰まった場合は、のこぎりを少し後退させてから、ゆっくりとゆっくりと前方に動かします。

角度を付けてカットする場合は、カットの深さだけでなく、のこぎりのベースも希望のピッチに変更する必要があります。直線で行うのが最も難しいのは、クロスカットです。これを使おうとすると スピードスクエア または正方形の組み合わせで、確実にまっすぐに切ります。安全ギアを着用し、慎重にカットを計画し、丸鋸を慎重に配置してください。

丸鋸の基本

丸のこを最高の状態で機能させるための基本的な原則がいくつかあります。ここではそれらについて説明します。まず、良い刃だけでなく良い鋸も購入したことを確認してください。丸鋸の性能に影響を与える要因の1つは、選択するブレードです。カーフチップの薄いカーフブレードは、優れたオールラウンドブレードであり、すばやく切断するだけでなく、長期間シャープな状態を保ちます。

モーションセンサーライトを差し込む

のこぎりで切断を始める前に、目を保護していることを確認してください。丸のこを使用して発生する最も一般的な怪我は、切り傷に加えて目の怪我であり、常に最高の安全ゴーグルでした。ブレードがベースまたは靴から突き出る長さを調整して、正しいブレードの深さを選択したことを確認してください。これにより、カット時に得られるキックバックの量も制限されます。

丸鋸は常に両手で持つようにしてください。これは強力な機械であり、それを制御することは、必要なカットを得るために最も重要です。使用する素材を保持する必要がない限り、のこぎりで両手を使ってください。これを行うと、長いカットを簡単にするのが簡単になります。切断するときに動かないようにするのに十分な重さではない材料を切断する場合は、それを固定するか、釘で留めて、切断中にそれらを所定の位置に保持します。

テーブルなしの丸のこを使用する方法?

素材を固定するためのテーブルがない場合は、素材を固定するためにクランプで固定する必要があります。素材を片手で持ち、もう一方の手で鋸を使用することはお勧めできません。重傷。また、材料がテーブル上または間で適切に固定されていない場合 ノコギリ または、gクランプを使用すると、正確な直線カットができなくなります。

丸鋸キックバック

正しい刃の深さを使用すると、丸のこを使用するときに経験するキックバックの量が最小限になります。キックバックは、不適切な深さ、鋸から落ちないカットオフ、ブレードバインディングなど、いくつかの異なる原因によって発生します。そして、最高で最も完成されたサーキュラーソーでさえ、それを体験します。直角に立って、正しい深さを設定し、カットオフをしっかりと保持することで、キックバックを防ぐことができます。

丸鋸安全

丸のこは、鋭い刃先を持つ強力なツールであり、それらを使用するときは最高の安全対策を講じることが最も重要です。注意散漫または不注意であると、指や足指の切断や目への損傷などの重大な傷害につながる可能性があります。以下は、丸のこを使用する際に守るべき基本的な安全対策です。

エアコンプレッサーのレビュー

個人用保護具を着用してください。これらは含まれます 安全メガネ、顔面シールド、耳栓などの聴覚保護具。丸のこをオンにする前に、警備員が機能していることを確認してください。それらが清潔で透明または破片であることを確認してください。そうでない場合、キックバックにつながる可能性があります。丸鋸の刃が鋭利であることを確認します。刃が鈍い場合は、刃の結合やキックバックなどの多くの問題を引き起こして刃を無理に押し込もうとする傾向があります。

コード付き丸のこまたはその他のこぎりを使用している場合は、すべての活線とコードを切断領域から離してください。鋸を下に置く前に、下部ブレードガードが開始位置に戻っていることを確認してください。ブレードを調整または交換する前に、のこぎりをオフにします。丸鋸で作業する前に、常にしっかりした足場で体勢が整っていることを確認してください。

丸鋸は右利きのオペレーター向けに設計されているため、左利きの場合は、鋸を使用するときに注意する必要があります。引き金に鋸を指で運ばないでください。切断するときは鋸を強く押し、常に切断する材料をチェックして、釘やネジなどの障害物がないことを確認してください。

結論

丸のこを使用する場合、コード付きの場合もコードレスの場合も、基本的なテクニックがいくつかあります。これにより、怪我のリスクが最小限に抑えられ、最良で真っ直ぐな切断が可能になります。最高のコードレス丸鋸は使いやすく、どちらを使用しても、ベストプラクティスの原則に従うと、最高の結果が得られます。